自衛隊転職支援まとめ

元自衛官のアドバイザーが自衛隊員の転職をサポート

元女性自衛官が自衛隊退職後にどうやって大手企業に受かったか

こんにちは。元女性自衛官の転職アドバイザーすずめです。
本記事では、「自衛隊を辞めてからどのように転職活動をしたのか」ということを語っていきます。
私のように学校を卒業してから自衛隊に入隊し民間企業の経験がない方には、民間企業への転職は未知の領域で不安になることも多いと思います。
私の経験がそんな方に少しでも役に立てばと思います。

私が自衛隊を辞めた理由については、前記事の「元女性自衛官の私が自衛隊を辞めた理由」をご覧ください。

アルバイトをしながらの仕事探し

自衛隊に在籍している期間は、勤務場所や勤務環境の制約から転職活動がなかなか進まない状況だったので、退職してからは、まず実家に戻り基盤を整えました。
それからしばらくは短期のアルバイトをしながら次の仕事を探しをすることに。
とりあえず、自分が今やってみたい仕事や求める条件については考えをまとめていました。

・結婚や出産で環境が大きく変わってくるので福利厚生がしっかりとした職場であること。
・民間での仕事の基礎を学べる職場であること。

上記の条件が揃う会社を探すため、転職サイトに登録したり、ハローワークに行って条件の合う仕事を探したりしていましたが、民間企業での経験が無いため具体的な転職活動の流れがしっかりとは掴めないでいました。
いったい自分に向いていて自分にできる仕事は何だろうか?と悩みました。

転職エージェントに登録して見えた活路

そこで自分一人での転職活動に限界を感じ、転職エージェントに登録しプロのキャリアカウンセラーに力を借りることにしました。
履歴書も新卒の時とは書き方が違うので、転職エージェントの担当さんに書き方を教わりました。
勿論、ネットでも検索すれば書き方が出てきますが、私の場合は直接プロから教わった方が有利だなと思ったのでわからないことがあれば何度も聞きに行ってました笑
一人で悩んでいても分からないことがドンドン解消していくのを感じました。
不安もありましたが、とにかくやってやるという強い意志を持ってやることは重要だと感じました。


面接の開始

最初の企業を受けた時、元自衛官なので礼儀正しいし真面目なのは高く評価されましたが、1年未満で辞めているから忍耐力がなさそう。社会経験、デスクワークの経験がないと判断され、不採用。
でもこれは言われても仕方ないと思っていましたし、辞める時に「1年未満で辞めてしまったら次の職に就くのは厳しい。」と言われていたので覚悟はしていました。

他の企業も受けましたが、面接すらさせてもらえなかったり、募集要項に記載されていた内容と全く違うことを面接時に言われたりと焦る事もありました。
いろんな企業を受けた中で採用して頂いた今の会社に入社することを決めました。

今の会社を受けた理由は、大手企業で福利厚生と手当があるということ。
転職エージェントを通じて面接をしてもらうよう即連絡をとってもらいました。
数日後に面接とパソコン技能判定を受けました。
結果、エクセルがあまり使いこなせてないと判断され、採用見送り。
それが悔しく、翌週からパソコン教室に通い続け、もう一度面接をしてもらえるようお願いしました。
1ヶ月後に課長を交えた二次面接を受け、無事採用となりました。

面接では、前職の業務内容を話し、その中で自分が得た事と働く上で自分がどのように働きたいかを伝えました。
その時は緊張しすぎてちゃんと話せてたのか覚えてませんがとにかく全力でアピールしました。笑
元自衛官なので真面目で誠実な人柄だという評価はしてもらいました。
ただ民間の経験がない分、会社としては不安もあると伝えられましたが、とにかく「ここで折れてはいかん!」と思い
「それでもここで働かせてください!」と少し強めに伝え、そのアピールが良かったのかその日に採用されました。

入社してからは1日中ひたすらデスクワーク。 自衛官として外でバリバリ働いてた私としては睡魔との戦い、専門用語を覚える毎日でなかなか初めは慣れず悩むこともありましたが、環境にも段々と慣れ今に至ります。

まとめ

このように、自衛隊退職後の転職活動で大手企業に入ることができました。
私の転職活動の経験から、3つのポイントをあげると、

①自分が求める条件は崩さないこと。
一念発起して自衛隊を辞めたのです。自分の求める条件にあった仕事をしましょう!
面接を受ける時も「福利厚生の充実と手当があるか」といったこともしっかりと聞いた方が良いと思います。
実際過去に受けた企業では、求人サイトには手当があると書いてあったのに、直接確認したらなかったという事があったので気をつけてください。

②闇雲に一人で転職活動せず、プロに相談すること。
自力で転職活動できる人もいると思いますが、やはりプロに相談した方が確実でスピード感があります。
特に民間経験が無い方なら転職エージェントに登録した方がいいでしょう。
無難に大手の転職エージェントが求人数も多いのでおすすめです。
私が利用したのは、マイナビジョブ20’sです。

③自衛隊で養った根性を発揮して諦めないこと。
最後は気合いです!笑 一度不採用をくらったくらいで諦めず、フィードバックから改善策を考え実行しましょう。
私の場合はパソコンのスキルを勉強し直しリトライしました。

Return Top