自衛隊転職支援まとめ

元自衛官のアドバイザーが自衛隊員の転職をサポート

元自衛隊員が伝授する「転職理由」を伝える4つのステップ!

これまで自衛隊一筋で転職なんて考えてこなかったという方がつまずきやすいポイントとして、
「転職理由」をどうやって伝えよう??という問題があります。
今回は、面接官に評価される転職理由の伝え方をステップごとに伝授します。

STEP1:転職で叶えたいポイント(転職目的)を話しましょう!

多くの方は面接において「転職理由を教えてください」というご質問に対し、「退職理由」をお伝えしがちです。
例えば、「自衛隊の勤務環境がキツ過ぎて・・・」「自衛隊の人間関係に馴染めなくて」といった理由です。
これはどうしてもネガティブに伝わりがちです。
そこでまず「叶えたい事」を伝えることで、ポジティブな印象を面接官に伝えましょう!
「御社でこんなことがしたい!」「御社でこんな自分になりたい!」と目的があって転職するスタンスで、面接時の印象が大きく変わります。

STEP2:現職(自衛隊)でのやりがいや嬉しかった事を伝えましょう!

「やりがいを感じたこと」や「嬉しかった事」を話すことで働く上で重視する価値観を面接官に伝えることができます。
自衛隊の任務を使命感を持ってやり遂げた経験などを民間の面接官にも響く言い方で伝えましょう。
そこでは自衛隊の専門用語を使い過ぎないように注意です。

STEP3:退職理由を伝えましょう!

そこでやっと志望企業で改善ができる退職理由を伝えましょう!
「STEP2」でポジティブな点を先に伝えることで、ネガティブな理由も他責的に聞こえづらくなります。
くれぐれも「誰かのせいで」「自衛隊のせいで」といった他責的な雰囲気を出さないようにしてください。

STEP4:志望動機で結びましょう!

「“3”の退職理由を解消することができて、”2”のやりがいも感じられて、”1”が叶えられる会社だから、御社を志望しています」とお伝えできれば転職理由と志望動機の一貫性もあります。


まとめ

「私は”STEP1”が叶えられる環境で働きたいと考えております。
現職では”STEP2”において非常にやりがいを感じておりますが、
”STEP3”ができず転職をしようと決意しました。
御社であれば“STEP3”が解消でき、”STEP2”のやりがいも感じつつ、
”STEP1”が叶えられると考えております。」
という流れになります。
ぜひ参考にしてみてください。

Return Top