自衛隊転職支援まとめ

元自衛官のアドバイザーが自衛隊員の転職をサポート

元自衛隊員は転職エージェントを使うのもあり!

自衛隊を退職して「さて、民間企業に就職しよう!」と思っても、何から始めていいのやらわからないことばかりですよね。自分に向いている会社・働きたい会社を探すのも難しいしものです。そういった難題には1人で立ち向かう必要はありません。転職を支援してくれるプロ『転職エージェント』に頼るのも一つの手段です。

転職エージェントのメリット

1.自分の特性を客観的に評価してくれる
「自分にはこんな仕事が合っていて、こんなことがしたい!」と確固たる決意ができている元自衛官はなかなかいないことでしょう。なんとなく興味がある分野がわかっている方もそれを具体的な仕事に落とし込む必要があります。
また、自分の希望だけではなく自分がどんな長所・短所があるのかも分析が大事になってきます。自分では当たり前だと思っていることが実は長所になったりすることもあります。それらを客観的かつプロの視点でアドバイスしてくれる存在はかなり大きい手助けとなります。

2.いろんな角度から会社を紹介してくれる
これまでは自衛隊か民間企業かという二択だけで退職と転職を考えていたかもしれませんが、民間企業といっても星の数ほどの会社があります。
皆が知っている大手企業だけに狙いを絞っていては、多くの機会を失うことにかねません。
腕利きの転職エージェントであれば、あなたの長所や趣向を理解した上でそれに適しそうな仕事を紹介してくれることでしょう。それは新たな視点をもたらしてくれます。

3.就職試験の対策を共にしてくれる
就職したい会社が決まれば、そこに合わせた選考対策をしなければなりません。自衛隊には自衛隊のルールがあるように、民間には民間のルールがあります。そのルールを教えてもらいながら、自分をより魅力的に見せるためのエントリーシートの書き方や面接の答え方についてアドバイスがもらえます。
一人で闇雲に対策するよりもかなり効率が良くなるはずですよね。


転職エージェントを使うべきでない場合

ここまで、転職エージェントのメリットについて語ってきましたが、転職エージェントを使わない方がいい場合もあります。
それは、「絶対にこの会社でこの仕事がしたい!何故ならばこうだから!!」といった具体的な志望がある場合です。転職エージェントを利用する転職者は無料で利用できますが、転職先の企業が転職エージェントに紹介料を支払っています。ですので、転職先の人材採用コストがかさむため採用基準が厳しめになることがあります。
また、絶対的な志望があるその熱意が伝わりにくくなるといったこともあります。
反対に、こういった強い意思がないのであれば、まずは転職エージェントに登録してみればいいと思います。
私がおすすめする転職エージェントは、
【リクルートエージェント】

業界最大手の安心感とエージェントの提案力が推しポイントですね♪

Return Top